金属加工屋の遊び部屋

DIY系の需要のないブログ

FFヒーター

FFヒーター コントローラーの取り扱い備忘録

投稿日:

自宅に中華FFヒータの取り付け2 足りない部品の到着の予定が・・・

上記の記事でコントローラーが全滅で動かない問題がありましたが進展がありましたので記事にしてしまおうと思います。

業者とのやり取り

amazonで販売している業者では技術的な対応はできない(わからない)との回答をもらってしまい代わりに製造部の方と直接やり取りさせて頂けたのでそちらの内容を書いていきます。

同梱されていたコントローラーの正体

動かないコントローラー

まず、同梱されていたコントローラーの正体ですが根本的にバージョンが違うため動作しないようです。
大雑把な区分として白いコネクタで上記の画面でしたら別のバージョンで動作しません。

業者(製造部)の対応

両方(白、黒)の内部基盤を見せたらあっさりと対応しているコントローラーを再送していただけることになりました。
4つ目のコントローラーで動けば良いのですが・・・
※通常はコントローラーを分解した場合保証対象外となりますのでご注意ください。

本来のコントローラー(コネクタ黒)の操作説明

コントローラー黒

コントローラー黒表

コントローラー黒裏

現状は車についているFFヒーターのコントローラーを家で使っていますが忘れないうちに操作方法をまとめておきます。

各種表示項目

時計表示画面でOKボタンを押すと表示されるもの

  1. 1回押すと周辺温度(センサーはコントローラーに内蔵)

  2. 周波数切り替えの画面

    現在の出力設定
    ※これは周波数で設定している場合

  3. バッテリー電圧

  4. エラーなしE-00

    エラーコード
    ※エラーが無ければE-00

電源のON・OFF

特に説明もいらないかもしれませんが「電源ボタン」を一回押せばON
電源が入っている状態で「電源ボタン」を長押しでOFFです。

温度(出力)設定

温度、ポンプ出力の切り替え

コントローラー黒

時計が表示されている状態で「設定ボタン」+「上」を同時押しすると切り替わります。

ポンプの出力で調整

周波数切り替えの画面

時計が表示されている状態で「上」か「下」を押すと「??Hz」と表示されその周波数でポンプが駆動され出力を調整します。
※下限1.2Hz~上限5.0Hz

現在温度で調整

時計が表示されている状態で「上」か「下」を押すと「??℃」と表示されその温度に近づくように自動で調整されます。
※下限8℃~上限35℃

どちらが良いか・・・?

消したりが多い方は「現在温度」で設定するのが楽ですが自分の場合最小火力で常に電源を入れていますので好みですね・・・

無線リモコン設定

設定方法

ペアリングの待機画面

「OK」ボタンを押して周辺温度画面にしてから「設定ボタン」と「上」を長押しすると「HFA-」と表示されたらOFFボタンを押すとペアリング完了

長くなってきたので管理モードの説明は次回へ・・・

-FFヒーター


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自宅に中華FFヒータの取り付け

ここ最近、神奈川でも霜が降りるようになってきました。

夏はエアコンなしで問題ない自分ですが寒さは耐えられないので今までは通常の灯油ストーブを使っていたのですがあまり好きではありませんでした・・・

パスワード入力

FFヒーター コントローラーの管理モード

前回は通常の操作方法を書いたのでその続きです。 ※ここから先は保証が効かなくなるかもしれません 管理モード 管理モードの入り方 時計画面から「設定ボタン」を3回押すと左のような画面になりパスワードを入 …

至って普通の中国便の荷物・・・

自宅に中華FFヒータの取り付け2 足りない部品の到着の予定が・・・

自宅に中華FFヒータの取り付け 前回こちらの記事で仮取り付けが完了したがコントローラーの不良が発生していたので代品を発送してもらい本日届いたのですがまたしても問題が発生・・・ 本来は ・コントローラー …